ヌルホワイトの基礎知識

ヌルホワイトの美白効果のカギはビタミンC誘導体

投稿日:

ビタミンC誘導体

正式名称をL-アスコルビン酸と呼ぶビタミンCは、果物や野菜に多く含まれていることはとく知られています。

美肌・美白効果、シワ・たるみの予防などさまざまな効果が期待できエイジングケアには欠かせない成分です。

これは抗酸化作用があるためで、老化原因の活性酸素を消し、酸化したビタミンEを再生するからです。

したがって抗酸化物質はエイジングケアを考える上で重要なものになります。

しかしビタミンCは口から摂取しても尿と一緒に排出されやすく、体内に長く残りません。

ジュース・サプリメントでの摂取だと排出はもっと早くなります。

ビタミンC誘導体の肌への効果は?

そのため肌のアンチエイジングを考えるなら、化粧品から直接ビタミンCを補給するという考え方が有効です。

一方でビタミンCは空気に触れると酸化し、水に溶かすと活性がなくなってしまう弱点があります。

またビタミンCをそのまま肌につけたとしても、肌の特性により皮膚の深部までは達しません。

加えて刺激が強いため場合によっては肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

ビタミンCはそのままでは化粧品には使用できません。

このような理由から開発されたのが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体はビタミンCの特徴を持ったまま化粧品に配合させることができ、エイジングケア化粧品に多く使用されています。

ビタミンC誘導体は、角質層まで浸透する・抗酸化作用が高い・持続性・安定性があるといった特徴があり、種類は水溶性ビタミンC誘導体・脂溶性ビタミンC誘導体などがあります。

また近年では、新型ビタミンC誘導体としてアプレシエ(APPS)も開発されています。

ビタミンC誘導体配合のパックで効率的に美白ケア

この商品に配合されているビタミンC誘導体は「アスコルビルグルコシド」という成分になります。

この「アスコルビルグルコシド」は水溶性のビタミンC誘導体になります。

水溶性ビタミンCの誘導体はビタミンCの約8倍もの浸透力があるため高い美白効果が期待できます。

また、効果が12時間と長く即効性もあるので美白パックにぴったりの成分だといえます。

逆に水溶性ビタミンC誘導体誘導体のデメリットとしては乾燥や肌への刺激などがあげられます。

乾燥に関してはこちらの商品には「ハトムギ発酵液」「カミツレ花エキス」「ソメイヨシノ葉エキス」などの保湿成分が配合されているのでさほど心配ありません。

肌への刺激に関しては極端に肌の弱い人は使用前にパッチテストすることをおすすめします。

ヌルホワイトのレビュー記事に戻る

-ヌルホワイトの基礎知識

Copyright© 【結果あり】ヌルホワイトを1ヶ月使った美白効果と公式サイトキャンペーン情報! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.